auビデオパスの料金や特徴、メリット・デメリットを徹底解説!

auビデオパスの料金や特徴、メリット・デメリットを徹底解説!

 

auユーザー専用の動画配信サービスがauビデオパスです。

 

価格も安く、ビデオオンデマンド初心者の方にもオススメです。

 

■auビデオパスの月額料金、作品数、無料期間について

月額料金(税抜) 見放題プラン:月額料金562円

レンタル作品プランあり

作品数 1万本以上
無料期間 30日

 

 

 

auビデオパスの4つのメリット

 

自分に合ったプランを選べる

 

プランが充実していて、4つのプランの中から自分のニーズに合ったものを選ぶことができることです。

 

具体的には、まず月額562円の「見放題プラン」で、対象の動画を無制限に視聴することができます。

 

その上、無料お試し期間も30日間でゆっくりと試すことができます。

 

他にもiOS版アプリから利用する期間限定版の見放題プランとも言える「30日プラン」や、「レンタル」、「R-20見放題プラン」というプランがあります。

 

auユーザーに優しい

 

auスマートパス加入者は毎月数本の作品を見られるので、契約前の試しにぴったりです。
auユーザーに優しいビデオオンデマンドサービスです。

 

コンテンツが使いやすい

 

コンテンツの充実度に関しては、dビデオにはさすがに及ばないですが、豪華タイトルが並んでいます。

 

そして、ジャンルも分かりやすく細分化されているために、初心者も迷わずに目的のコンテンツにたどり着くことができるのが安心です。

 

さらには、公式blogも充実していて有益な情報が満載で、視聴の助けになります。もし好みの作品がリストに見当たらない場合はリクエストも受け付けているのがうれしいです。

 

会員特典が充実している

 

会員特典も充実しています。

 

特別試写会、ポスター、グッズなどが抽選でプレゼントされるという大盤振る舞いは注目に値します。

 

 

 

auビデオパスの3つのデメリット

 

auユーザーしか利用できない

 

auユーザー以外の場合は、利用することができないことです。

 

この点においては、かなり敷居が狭くなっていると思います。

 

作品数は少なめ

 

動画配信数は決して少なくないのですが、dTV、U-NEXT、Huluのどれと比べても公式発表の動画配信数では下回っています。

 

他のサービスと比較するとまだまだ充実を期待したくなります。

 

そのため、あくまで作品数にこだわる、という方の利用には必ずしも完全におすすめはできません。

 

特に、海外の映画やドラマが好きな方は、比較的コンテンツが少な目なのは大きなデメリットになります。

 

検索がしづらい

 

また、ネット上の口コミでは、検索のしづらさを指摘する声も寄せられていることが確認できます。

 

例えば、邦画検索結果にアニメがヒットする、見放題作品に加えて有料コンテンツも検索される、といったものです。

 

個人の好みによるかもしれませんが、細かいところまでこだわる方には気になります。

 

 

 

auビデオパスの特徴

 

auビデオパスは映画の割引特典があるので、意外に会員特典だけでもお得だったりします。

 

最近ではコンテンツも少しずつ充実してきています。

 

料金も安いので使いやすいです。

 

auユーザーしか使えないのはデメリットですが、auユーザーの方であればオススメです。

 

ぜひ無料期間でお試しください。