dTVの料金や特徴、メリット・デメリットを徹底解説!

dTVの料金や特徴、メリット・デメリットを徹底解説!

 

dTVはドコモ運営の動画配信サービスであってトップクラスの安さやコンテンツ量を誇ります。

 

ワンコインの激安価格なので、契約して後悔はまずないでしょう。

 

 

■dTVの月額料金、作品数、無料期間について

月額料金(税抜) 500円
作品数 12万本以上
無料期間 31日

 

 

dTVのメリット

 

コンテンツがとても豊富

 

また画質もよくて、同時再生できないが全く問題ありません。

 

コンテンツ量型サービスに比べてとても多く、具体的に挙げれば古い映画などもかなり幅広くそろってます。
実際検索してみるとターミネーター1など映画はdTVにしかなくて、あと色莉緒なジャンルのカラオケ音源も豊富で、カラオケを家で楽しみたければ絶好のサービス。

 

ただし、海外ドラマなどはかなり手薄な傾向があります。

 

動画がダウンロード可能

 

動画をダウンロードできるのが素晴らしくスマホのアプリがとても使いやすいです。

 

動画をスマホなどモバイル端末にダウンロードしオフライン環境で視聴可能です。

 

そしてパソコンからDLボタンを押すとモバイル端末に自動ダウンロード可能。

 

すべての動画がオフライン視聴に対応してます。

 

加入特典あり

 

はじめ無料体験で入った段階ではブロンズ。
加入期間が長ければランクアップしていきいます。

 

加入すると特典があり、会員数500万人以上いる中で毎月10人程度しか当たりません。
確率は低いですが、他ではないサービスです。

 

 

 

dTVのデメリット

 

画質はそこそこ

 

dTVの動画はアップスケーリングしてないものばかりで画質はそこそこといったところです。

 

アップスケーリングは低い街道度を無理に高解像度にリサイズしてみるなどですが、このときリサイズ専用アルゴリズムを使うことによりきれいな画質になる仕組み。

 

ですが、元からHDでつくられ動画はきれいなので、大した問題ではありません。

 

 

再生で出来る台数に制限がある

 

家のパソコンで再生して、スマホでも再生といったことができず、さらに再生に使える端末が登録制で5台までという制限があります。

 

再生に使う端末は事前に登録しなくてはいけません。

 

さらに5台までというのは同じPCの違うブラウザにふくまれて、同じパソコンでIEとクロームでアクセスした場合、2つの端末としてカウントされます。

 

sliverrlightでの再生に制限あり

 

dTVは動画再生にsliverrlightという技術を使ってますが、これは最新のクロームで削除されていて、これからdTVを視聴ができません。

 

再生できるのはクローム以外の端末のみ。

 

一部最新作と旧作は有料配信で、この有料作品は月額会員でなくても料金を払うと視聴ができます。

 

 

dTVの特徴

 

コスパで素晴らしいのがここの特徴。

 

登録して31日間は無料体験機関で途中解約しても料金がかかりません。

 

ワンコインでビデオオンデマンド(VOD)サービスを楽しみたい方には、間違いなくおすすめです。